交通事故を防止するのに最適なアイテム。評判の良いドライブレコーダーをセレクト

ドライブレコーダーを設置すると交通事故防止になる?

市販のドライブレコーダーでのデータは、今のところありませんが、
業務用のドライブレコーダーを設置した場合の自己の減少率は50%を超えたというデータもあります。
事故の瞬間が残っているだけに、自分の有利な状況なら重宝する代物ですが、不利な状況で事故を起こした場合はありがたくない代物にかわります。

 

「見られている」

 

という意識が働くだけで漫然運転を防ぐ効果もあるのでしょう。
下記の実際のデータで検証してみましょう。

 


業務用のドライブレコーダー設置の際のデータ

平成18年国土交通省自動車交通局の
「映像記録型ドライブレコーダーの搭載効果に関する調査」
からの抜粋です。




ドライブレコーダーの役割に対する期待度とそれに見合う効果についてのデータですが、
実際事故の防止という役割以外に、安全運転を促す効果を期待している率も非常に高いということと、
その効果を実感している方も非常に多いことが分かります。
そのため、安全運転への意識の高まりと、事故防止の意味合いも強いということが分かると思います。

交通事故の多くは安全不確認

若者は脇見・高齢者は安全不確認の傾向

全体的にみると、安全不確認の事故が一番多い。
生活道路などで徐行運転をしなかったり、交差点での子供の飛び出しを確認していなかったりといったことです。
それ以外で見ると、若者の事故原因はわき見運転が多く、
高齢者は安全不確認が事故の原因になる傾向があるのです。
どちらにしても、
交通違反が原因で起きた事故は少なく、ちょっとした気の緩みから起きた事故が大半を占めるといってもいいでしょう。


 

 


 
激安市場トップ 販売者概要 決済について 配送について お買い物の流れ お問い合わせ