交通事故を起こす人の心理

交通事故三大要因

交通事故を防ぐためにドライブレコーダーを購入することは一つの心理的な効果があるということはドライブレコーダーを設置すると交通事故防止になる?でもお伝えしましたが、
まずは交通事故が起きる要因として何があるのかを考えていきたいと思います。

 

まず、
よく交通事故の三大要因として言われるのが、

 

■人(94.8%)
■車両(0.2%)
■道路や環境(5%)

 

と言われています。

 

ここからわかるように交通事故が起きる原因の最大の要因はヒューマンエラーなのです。
つまりヒューマンエラーが少なくなれば少なくなるほど事故は減少していくということになります。

 

ここでは、交通事故が起こった後に効力を発揮するドライブレコーダーのお話とは別に交通事故を起こす人の心理を考えながら、
防止策も同時に考えていきたいと思います。

 

交通事故を起こす人の心理記事一覧

追い越しされたとき

渋滞中の2車線ある道路。その道路右車線であなたは渋滞に巻き込まれいらいらし始めている。その時、左の車線がやけによく流れるなぁと思い、左車線に移ったほうが速く進めるんじゃないかと思い左に車線変更。そしてまたしばらくすると右車線が流れ出す。「今度は右車線が速い」と思い右車線へ。こんな経験無いですか?実際...

≫続きを読む

 

夜間運転のリスク

昼間の運転でも、死角による事故が起こるくらいですから、夜間についてはヘッドライトや街灯の光の中だけの情報で安全確認をしないといけないわけですから、交通事故がおこる確率は増加するのは当然です。夜間運転については基本的にヘッドライトに頼るわけですが、ヘッドライトの照射距離というものは車両保安基準で決まっ...

≫続きを読む

 

交通事故とハインリッヒの法則

今あなたが車を運転していて交差点で左折しようとしたとき、左後方からバイクが車間距離を縫って前進していた。いつもなら左折する際は必ずサイドミラーを確認するのだが、その時は初めて通る道ということもありカーナビで経路を確認しながらの運転。左に曲がるようカーナビで案内されたものの、交差点名があっているかどう...

≫続きを読む

 

 
激安市場トップ 販売者概要 決済について 配送について お買い物の流れ お問い合わせ