高齢者の交通事故の特徴

高齢者の交通事故はどんな事故が多いのか

高齢者の運転者が交通事故を起こしやすいのは出会いがしらが多く
死亡率も高いことが知られている。
全年齢層の出会いがしら事故の発生比率が15.9%に対して、
高齢者の場合の出会いがしらの事故発生比率は28.6%。
10%以上も高いことがわかる。
具体的にどういったケースが多いのかを探ります。

 

T字路の進入時

信号がない、見通しの良いT字路。
そんな道路で反射板が付いている場合でも起こってしまうこの手の事故が起きています。

 

T字の主要道路に侵入しようとしている高齢者の車が一旦停止をしてから左右を確認し車は来ているものの充分な距離があり、
主要道路に侵入しようとした際、
主要道路で走行している車のスピードが想定以上に速く近づいて来た。
主要道路で走行している車の運転手もまさかこの距離で進入してくるわけがないと思うのでスピードを緩めずに走行している時にまさかの進入。
よけては見たものの間に合わず衝突。

 

こういったケースは若いドライバーが主要道路を走行し、高齢者のドライバーがそこに進入してくるケースが多いのです。

 

つまり、
若年ドライバーのリスク感受性の低さと、
高齢者ドライバーの判断能力の低下が招いた事故です。

 

交差点の右折時(右直事故)

もうひとつ多いパターンが、
信号のある交差点を右折するパターン。

 

信号が青の状態で対向車が途切れるのを待ち、
途切れた時に右折をしようとしていた時のこと。

 

これも若いドライバーが直進して走行。
信号が青なのでもちろんスピードを緩めずに直進走行している時に突然右折しようとしていた車が右折。
直進していた車はハンドルを切って回避しようとしましたがスピードを緩めず走行していたので間に合わず衝突。

 

これも
若年ドライバーのリスク感受性の低さと、
高齢者ドライバーの判断能力の低下が招いた事故です。

 

しかしこの場合は高齢運転者が死亡、または重傷を負ってしまうことが多い重大な事故に張っていしやすい事例なのです。

高齢者は第一当事者になることが多い

高齢者の交通事故の特徴として、
特に死亡事故について言えることですが、第一当事者、
つまり交通事故に巻き込まれるケースよりも交通事故を自ら引き起こしているケースが多いということです。

 

多い事故の原因のは先ほども記載したとおり、
判断の誤りや車両・人の見落としなどが多いため重大事故につながりやすいという特徴があるのです。

 

高齢者の交通事故の特徴関連ページ

高齢者の交通事故は増えているのか!?
高齢者の交通事故の増加が問題となっていますが増加の原因は?また防止する方法を探ります。
高齢者の交通事故防止策
高齢者の交通事故の増加が問題となっていますが増加の原因は?また防止する方法を探ります。

 
激安市場トップ 販売者概要 決済について 配送について お買い物の流れ お問い合わせ