高齢者の交通事故防止策

事故が起きやすい事例を認識してもらう

先ほども記載しましたが、
高齢者が巻き起こす事故の事例のうち、
もっとも多いといわれる出会いがしらの衝突や交差点内の事故、
人や自動車の見落としなどが多くあげられるわけですから、
その事実を認識してもらったうえで運転をしてもらうのが一番良いかと思います。

 

特に高齢者の交通事故の特徴で紹介した「T字路の進入時」の事故の場合、
見通しが良い場所で起こるケースが多いのですが、
見通しが良い場所なら一旦停止をしたうえで充分な安全確認をせずに進入していることが多いという自分の判断の過信が原因となっていることが多く、
認識力の低下を認知してもらうことで防げる結果になるものなのです。

安全運転の必要性の啓蒙

高齢者になると認知・反応時間の突発的な遅れが発生しやすくなる特徴があるにもかかわらず、
今までの経験を重視し安全認識を誤ってしまう可能性が高いのです。

 

そのため、
一旦停止や安全確認に自分では充分行っているという自己認識を持っており、
安全運転の大切さをどれだけ声高に訴えても思ったほどの効果が得られないものなのです。
「安全運転」
「一旦停止」
「右見て左見て」
をいくら訴えかけても「自分は出来ている」という認識しか得られないのです。

 

したがって、
高齢者の方には、
なぜ安全運転が必要なのか、
充分な安全確認の仕方、
その中でどれだけ自分が出来ているのか、
こういった事を自分自身で認識してもらう必要があるのです。

高齢者の交通事故防止策関連ページ

高齢者の交通事故は増えているのか!?
高齢者の交通事故の増加が問題となっていますが増加の原因は?また防止する方法を探ります。
高齢者の交通事故の特徴
高齢者の交通事故の増加が問題となっていますが増加の原因は?また防止する方法を探ります。

 
激安市場トップ 販売者概要 決済について 配送について お買い物の流れ お問い合わせ