幼児・自動の交通事故防止

幼児・児童の交通死亡事故

交通死亡事故の被害者の多くは歩行中に発生しており約3割を占めるが、
そのうち歩行者が主な原因を作った事故件数のうち51%が12歳以下の幼児・児童が引き起こしている。
その原因は明らかに飛び出しなどの安全不確認から引き起こされており、
身体が小さいために死亡事故に発展する痛ましい結果になりやすい。
その特徴と防止法を探ります。

幼児・自動の交通事故防止記事一覧

幼児・児童の交通事故の特徴

歩行中と自転車乗車中の事故統計をみると、6歳以下の児童の交通事故の77%は歩行中の事故が多く、7歳以上13歳未満の児童の交通事故の61%は自転車乗車中の交通事故、13歳以上15歳未満の交通事故は80%となっており、6歳以下は歩行中の交通事故が多く、7歳以上は自転車乗車中の事故が多く発生していることが...

≫続きを読む

 

幼児・児童の交通事故防止策

飛び出し事故が過半数を占める幼児・児童の交通事故を防ぐためには、道路を横断する際には反射的に立ち止まり、安全を確認する習慣を作っておくことが重要です。習慣化するためには身体で覚えさせる必要があるため繰り返し一旦停止の行動を指導する必要があります。最近は親が交通ルールを守らないケースも増えているようで...

≫続きを読む

 

 
激安市場トップ 販売者概要 決済について 配送について お買い物の流れ お問い合わせ