交通事故防止対策で自分の身を守る

もらい事故に合わないために

交通事故は自分が事故を起こすケースと、
事故を起こしてきた相手に巻き込まれるケースがあります。

 

前者の場合は自分が起こした事故ですから、自分が償わなければいけないものなのですが、
後者の場合は事故に巻き込まれたわけですから、自分に過失はありません。

 

そのため、
駐車場で駐車している間や、
信号待ちで正しい停止位置で停止している場合など、
自分の運転に100%過失が全くない場合は事故で失ったものは加害者側に請求することができます。

 

しかし、
警察や保険会社同士の状況報告の上で過失割合を決めてい行く中で、
自動車が少しでも動いていた場合には100%過失なしになりにくいなど、
もらい事故でも少しの過失を与えられるケースが多いようです

 

それ以外でも、
事故に巻き込まれることによって起こる、目に見えないストレスや時間のロスは自分の負担となりますし、
自分の身体に一生影響するような事故になれば、いくらお金を積まれても失ったものは戻ってきません。

 

さらに、
加害者が任意保険に入っている、もしくは免許を持っていれば良いですが、
保険にも入っておらず、責任能力もなく免許も持っていない少年などが加害者の場合、交渉は難航します

 

そう考えると、
もらい事故も含めて事故に合わないように自分の身は自分で守るしかないわけですから、
ここでは自分を守る交通事故防止対策を考えてみたいと思います。

 

交通事故防止対策で自分の身を守る記事一覧

昼間点灯で交通事故防止

1979年、熊本県で秋の交通安全運動の期間中、二輪車の昼間点灯を勧めたのがきっかけで、その後西日本を中心に広がっていき、今では原付バイクはエンジンをかければ自動的にライトが付くようになっています。バイクは小さいうえにスピードも出るし、側溝を走るバイクに気付かないドライバーが巻き込んでしまう事故などで...

≫続きを読む

 

トワイライトオンで交通事故防止

道路交通法でヘッドライトを点灯しないといけない時間帯というのは、日没から日の出までという風に決まっています。そのため夕方はヘッドライト点灯しないといけないわけではありません。しかし、赤外線LED機能付きドライブレコーダーの記事でも紹介させていただきましたが、事故が多発しやすい時間帯はいつかというと、...

≫続きを読む

 

 
激安市場トップ 販売者概要 決済について 配送について お買い物の流れ お問い合わせ