交通事故を防止するのに最適なアイテム。評判の良いドライブレコーダーをセレクト

安全運転5原則が基本です

交通事故から身を守るために便利なグッズはいろいろありますが、
下記のような安全運転5原則を守っていることが前提です。
どれも運転免許の講習で習ったことですが、もう一度おさらいしておきましょう!
交通事故からみを守るために便利なグッズはいろいろありますが、
下記のような安全運転5原則を守っていることが前提です。
どれも運転免許の講習で習ったことですが、もう一度おさらいしておきましょう!

 

安全速度を必ず守る。

スピードが速くなればなるほど制動距離が延び、停止距離は長くなります。
一般に時速40Kmで急ブレーキをかけたときの停止距離は22メートル、
時速60Kmでは停止距離が44メートルになるといわれています。

 

カーブの手前でスピードを落とす。

→カーブ事故の形態
カーブ走行では遠心力が働きます。
遠心力が働くと車体やドライバーはカーブと反対側に押し出され、横転や横滑りを起こしやすくなります。
またカーブは見通しの悪いところが多く危険なので、車線を守って運転を心掛けてください。

 

→カーブ事故を避けるためのポイント
・カーブの手前で十分スピードを落とす。
・カーブ内ではできる限りブレーキをかけない
・カーブでは、常に対向車を意識し、追い越しはしない
・カーブ内では、原則として一定のスピードで走る

 

一時停止で横断歩行者の安全を守る。

→横断歩行者事故の形態
横断歩行者事故の多くは次のような形態で発生してます。
・横断歩道やその手前の追抜き
・バスの陰からの横断
・お年寄りや子供の横断
・駐車車両の陰からの横断
・母親の姿を見て子供が横断
・対向車の通過直後の横断

 

→横断歩行者事故を避けるためのポイント
・横断歩道で歩行者などの安全を守る。
・交差点で横断歩行者などの安全を守る。
・横断歩道のない場所で横断歩行者の安全を守る。

 

交差点では必ず安全を確かめる

→交差点事故の形態
・出会い頭衝突事故
・右左折時の側面衝突事故
・左折時の巻き込み事故
・追突事故
が多く発生しています。

 

→交差点事故を避けるための留意事項
・交通整理の行われていない交差点
・交差点で右折するとき
・交差点で左折するとき
・追突事故

 

飲酒運転は絶対にしない。

→飲酒運転による事故形態
・カーブを曲がり切れず、道路外へ飛び出し衝突(単独事故)
・横断中の歩行者を見落とし、跳ね飛ばす。(車対人の事故)
・信号を無視し、あるいは交差点に気付かず出会い頭の衝突(車対車)
・ハンドル操作を誤り、対向車と正面衝突(車対車の事故)

 

→飲酒運転の危険性
飲酒をすれば
・中枢神経が麻痺する
・集中力が鈍る
・理性・自制心が低下する
・身体の平衡感覚が狂う
・視力が落ち、視野が狭くなる
ため、
・運動機能が低下し、ブレーキ・アクセル・クラッチ操作が遅れる
・反応が鈍くなり、行動も遅くなる
という、重大事故を起こす原因にもなります。

 

→罰則の強化
・酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
・酒気帯び運転 3年以下の懲役・または50万円以下の罰金
 さらに、
・人を死亡させた場合 1年以上20年以下の有期懲役
・人を負傷させた場合 15年以下の懲役
の危険運転致死障害に罰せられますので絶対にやめてください。


 
激安市場トップ 販売者概要 決済について 配送について お買い物の流れ お問い合わせ