交通事故を防止するのに最適なアイテム。評判の良いドライブレコーダーをセレクト

どういった環境で活用されるのでしょうか?

ドライブレコーダーを設置しなかったためにおきた事象、
ドライブレコーダーを設置すれば円滑に事故処理ができていたはずの事象。

 

その具体例を私や私の周辺の取材を含めてご紹介します。

あなたがぶつかってきた!

私は仕事柄毎日運転するのですが、交通事故を起こしたことは2回あります。
1回は自分の不注意ですが、
もう一回は明らかに相手の過失でした。

 

私が2車線の道路で乗用車を走行していました。
100メートル先の交差点で右折をしようと思っていたため右の車線を走行。
左側にも車が走行していました。
私に並走するような形で走行していた左車線の乗用車ですが、突然右車線に寄ってきたのです。

 

しかし、私の後ろは車も走っていなかったため、私の後方に回るのかと思いきや、
私の存在を無視してそのまま右車線へ一気に車線変更してきたのです。

 

もちろん私は並走する形で右隣を走っていたのでそのまま私の乗用車の右わきに激突。

 

結構な衝撃でした。

 

一瞬何が起こったのか分からずその場で停車。
相手も停車した車を見ると、右のバンパーが破損。

 

明らかに相手の不注意だと認識した私は状況を確認するために相手のところまで行くと、
何と謝るどころか、私を責め出したのです。

 

「右折しようとしていたのに後ろを走っている私の車が速度を上げて邪魔をした」と。

 

唖然とした私は言葉も出なかったのですが、車の破損部分を見ても明らかに私の主張が正しいのは明白でした。

 

あとは警察と保険会社でのやり取りになったのですが、その後目撃証言も私の証言通りで、相手の主張は誤りであることで解決したのですが、
これが微妙な状況証拠と不利な目撃証言が出ればどうでしょう。

 

私に少しは過失が与えられていたのではないかと思うとぞっとします。


あなたが信号を無視した

これは私の友人の事故の事例です。
雨の日の夜、
自宅へ帰る道。
仕事場から自宅へ帰る道は慣れた道ですし、仕事の帰りが遅くなり日付が変わろうかというときだったので
「早く帰りたい」
そんなあせる気持ちもあったのかもしれません。

 

前の信号が青になったので直進。
すると、左から信号が赤になったにもかかわらず車が突っ込んできました。
こちらは青信号なので速度を緩めず直進していると、
左から来る車も速度を緩めず直進。
接触事故を起こしお互いのバンパーが大破してしまいました。

 

相手ははじめ平身低頭でしたが、
後日保険会社から事情を聞かれる際に、
「こちら側と相手側の信号がちょうど変わる瞬間にお互いスピードを緩めず直進していた」
という話にすり替わっていました。
微妙に相手の主張が変わったのです。

 

自分は完全に青になってから進んだのは間違いないので双方の意見が食い違ったまま示談が進行。
結局目撃証言もなく、こちらへの過失も残ったまま示談終了となりました。

 

保険会社に任せていたため、
特にこちらがお金を払ったわけではないのですが、
どこか釈然としないままでおわり、何か証拠が残っていればと悔やむとのことでした。



 
激安市場トップ 販売者概要 決済について 配送について お買い物の流れ お問い合わせ