知らないでは済まされない!新たな交通規制

一定の病気等に係る運転者対策(2014年6月1日〜)

健康状態が自動車等の運転に支障が無いかの質問に答える義務

免許を交付するときはもちろん、
更新するときにも、
自動車等の運転に支障が出るような病気が無いかどうか質問票を渡されることがあります。
その場合は必ず本当のことを記載しなければならないのですが、
もし、
「このままじゃ免許証もらえないかもナァ」
なんて、
うその記載をした場合

 

■一年以下の懲役
■30万円以下の罰金

 

に処されることがあります。

 

医師の診断によっては免許停止になる可能性

本人の健康状態をタイムリーに知っているのは本人、家族、
そしてお医者さん。
お医者さんは免許を取得している患者さんが、
一定の病気(つまり自動車等の運転に支障可能性のある病気)にかかっていると診断した場合、
公安委員会に任意で(義務ではない)届け出ることができます

 

さらに公安委員会は、
その一定の病気にかかっている疑いがあると判断した場合、
その方を3カ月以内に免許停止にすることができます

 

ただしその場合、
取り消された日から3年以内に症状が改善し、
免許を再取得する際、
適正試験を除く運転免許試験が免除されるので、
「一から教習所に行って取り直し」というわけではありません。

 

一定の病気等に係る運転者対策関連ページ

矢印信号でUターンは有?(2012年4月1日〜)
飲酒運転の罰則強化など、日々交通規制の法律は変化しています。違反切符を切られるだけならまだしも、交通事故を起こしてから初めて知った、なんてことが無い様にしましょう!
無免許運転等の罰則強化・基礎点数の引き上げ
飲酒運転の罰則強化など、日々交通規制の法律は変化しています。違反切符を切られるだけならまだしも、交通事故を起こしてから初めて知った、なんてことが無い様にしましょう!
飲酒運転等の点数の引き上げ
飲酒運転の罰則強化など、日々交通規制の法律は変化しています。違反切符を切られるだけならまだしも、交通事故を起こしてから初めて知った、なんてことが無い様にしましょう!

 
激安市場トップ 販売者概要 決済について 配送について お買い物の流れ お問い合わせ